栃木県臨床工学技士会血液浄化セミナー

対 象 :透析医療に従事しているコメディカルスタッフ及び学生
日 時 :2023 年 1 月 22 日(日)10:00~14:00(入場9:45~)
場 所 :WEB 開催 (ZOOM)
定 員 :200 名(先着順)
申込締切日:2023 年 1 月 22 日(日)10:00 ※コンビニ/ATM 決済の締切は前日まで
申込方法 :ポスターを参照してください
参加費用 :日本臨床工学技士会員 1,000 円 栃木県臨床工学技士会会員 1,000 円
非会員 2,000 円 学生無料

*申し込みに際し、ご連絡いただいた内容につきましては、個人情報保護法を遵守し、今回の
2022 年度 血液浄化 Web セミナーの運営以外の目的では使用いたしません。

 

申込みはこちら

ポスターはこちら

プログラムはこちら

 

2023年1月20日

群馬県臨床工学技士会 第9回循環器セミナー

<開催日時>

2023年2月12日(日)13:00~16:50
<開催方式>
Web(Zoom ミーティング)
・セミナー参加時はマイクをミュートにし、録画、録音等はご遠慮ください。
・名前の表示は、「お名前_ご所属」にし、質問等がある場合は、チャット欄に「所属・お名前・質問等の内容」を記入し送信してください。
<定員>
80 名 (事前申し込み制)
群馬県臨床工学技士会 HP(https://gunma-ce.jp/seminar.html)より、オンラインチケット販売「PASSMARKET」にてお申し込みください。申し込み時のメールアドレスに、セミナーの Zoom アドレスを送付します。メールが開催日の前日までに届かない場合は迷惑メールに振り分けられていないか確認してください。
申込期限:2 月 9 日(木)
<参加費>
日本臨床工学技士会、各都道府県技士会会員、賛助会員:1500 円
非会員:3000 円 学生:500 円

 

詳細はこちら

2023年1月17日 | カテゴリー :

第22回人工呼吸器安全対策セミナー

公益社団法人埼玉県臨床工学技士会では、昨年に引き続き『第22回人工呼吸器安全対策セミナー』を開催することとなりました。このセミナーは臨床工学技士、看護師、理学療法士を中心に、人工呼吸器業務に携わるすべての医療従事者を対象とした、基礎知識と安全対策の学習を目的とするオープンセミナーです。
また今回は新型コロナウィルス感染症の感染状況を鑑み、また受講者の利便性を考慮致しまして、昨年同様にWEBによる開催に致しました。何卒ご了承頂けますと幸いです。

セミナー名称     :第22回 人工呼吸器安全対策セミナー
主催         :公益社団法人 埼玉県臨床工学技士会
開催形式       :WEB形式(オンデマンド)
配信期間       :2023年2月8日(水)から2023年2月28日(火) 21日間
定員         :400名
参加対象       :オープンセミナー(臨床工学技士をはじめとする各医療関係者・学生・一般)
参加費        :会員¥5,000、非会員¥7,000、学生¥2,000
取得可能単位     :3学会合同呼吸療法認定士認定更新25ポイント

3学会合同呼吸療法認定士認定講習受講資格要件12.5ポイント

日本臨床工学技士会呼吸治療関連専門臨床工学技士の8単位

日本臨床工学技士会認定集中治療関連臨床工学技士の8単位

MDIC 10ポイント

申込〆切  2023年1月31日23時59分

 

申込みはこちらから

ポスターはこちら

 

※受付開始につきましては、2022年12月1日からを予定しております。

 

プログラム (60分/講演)

講演1:呼吸管理におけるフィジカルアセスメント

    聖マリアンナ医科大学 麻酔学教室
教授 清野 雄介 先生

講演2:呼吸不全のメカニズムと呼吸療法の選択

   国立病院機構松江医療センター
呼吸器内科医長 教育研修部長 門脇 徹 先生

講演3:EITから分かること

大阪大学大学院医学系研究科 麻酔・集中治療医学教室
特任講師 吉田 健史 先生

講演4:人工呼吸器のグラフィックモニタ~換気モードやトラブルを知ろう~

 公立陶生病院 臨床工学部
技師長 春田 良雄 先生

講演5:基礎から学ぶせん妄ケア ~急性期のせん妄管理と予防ケア~

埼玉医科大学総合医療センター 看護部
主任 集中ケア認定看護師 青柳 匡 先生

求人情報掲載エリアを開設しました

求人情報の掲載を開始いたしました。

求人側が直接求人を出し、求職側が閲覧する形式となっております。

メニューバーの右端「求人情報」を選択していただきますと求人情報のページへ移動できます。

求人側はさらに「求人情報入力」ボタンを選択して求人情報入力フォームへ進み、求人情報を入力してください。

ご活用いただけますと幸いです。

 

求人情報規定
求人対象について
埼玉県臨床工学技士会のホームページに掲載する関係上、臨床工学技士の求人に限らせていただきます。

掲載について
・当会のホームページ掲載にあたり、掲載料やその他の手数料等は必要ありません。
・就職の斡旋や仲介はいたしません。
・掲載は求人の紹介のみであり、その以外に関しては一切関与しません。
・ホームページ掲載後は、当事者間で責任を持って対応をお願いいたします。

掲載期間について
・3ヶ月間とします。
・3ヶ月期間内であっても採用決定等の理由で求人の必要がなくなった場合は、削除いたしますのでご連絡ください。

掲載削除について
・当会が、掲載内容が不適切と認めたものは、埼玉県臨床工学技士会の判断で削除する場合があります。

第33回埼玉臨床工学会および総会

公益社団法人埼玉県臨床工学技士会では下記の要領で「第33回埼玉臨床工学会および総会」を、大会テーマ「未来への選択~今なにをすべきか~」とし開催する運びとなりました。この学術大会は、臨床工学技士業務全般にわたる知識・技術の向上と、他施設との交流を目的としております。
つきましては、会員の皆様から多くの演題を募集いたします。皆様の日頃の研究成果を存分にご発表いただきますよう、積極的なご応募をお願いいたします。

名 称 : 第33回埼玉臨床工学会および総会
開催日 : 2023年6月4日(日)
場 所 : 大宮ソニックシティホール 4F 国際会議室
大宮ソニックシティビル 4F 市民ホール401、402、403、404

*一般演題募集要項*
内容 : 臨床工学技士業務等に関する全ての領域 (循環・血液浄化・呼吸・医療機器等)
発表 : 発表時間7分、討論3分
発表形式 : 口演発表(PC、プロジェクターで行います。)
応募方法 : 演題募集期間中に大会ホームページよりご登録下さい。

演題募集期間 : 2022年12月16日(金)~2023年2月28日(火)

 

大会ホームページはこちら

ポスターはこちら

医療機器管理の井戸端会議 vol.20

井戸端会議では1回目から、医療機器に関するさまざまなテーマについて、ディスカッションをしてきました。
その中で、もっと深掘りしてほしいテーマ、気になるテーマ、それ以外にも自施設の機器管理での困りごと等々、自由にディスカッションしようと思います。
病院ごとに状況が違う医療機器管理ですが、井戸端会議でいろんな施設の事例、悩み、工夫を聞くことで自施設でも実施できるヒントを得られているとの声と多くの方からいただいています。
21回目以降の次のフェーズへステップアップする意味でも、自由に気楽に、ディスカッションできたらいいなと思います。
今までのテーマの中からベスト3を投票で決まられるといいな〜と思っています。

なお、当日はオンライン参加の方も、ぜひお手元にお飲み物やおつまみをご準備の上ご参加ください!!

 

詳細はこちら

2022年11月13日 | カテゴリー :

AMED出向希望者向け説明会のご案内

日本臨床工学技士会臨学産連携員会から、AMEDへの出向希望者向け説明会の案内が届きましたので、興味のある方は、下記googleformから説明会参加申込を行って下さい。後ほど、説明会の日程が届きます。

【AMED出向内容】

・募集人数:1名

・勤務開始日:来年度4月より

・勤務場所:AMED(https://www.amed.go.jp/)東京都千代田区大手町1丁目7番1号

・勤務期間:2年間

※地方からの出向も可能で、前年度の収入も保証されるそうです。

説明会参加申込用googleformのアドレス

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSe3Qw8-22JsY72sHXzheqS4a0sw7lpYgyg_coFlPXR8njL0tA/viewform?usp=sf_link

2022年11月2日 | カテゴリー :

第22回 臨床工学技士が学ぶ 医工連携Webセミナー

【主催団体名】 東京都臨床工学技士会、日本医工ものづくりコモンズ

【開催日】2022年10月19日

【開催場所】 オンライン

【参加費】 無料 ※開催日当日まで申込受付可能

【テーマ】「企業における血液浄化製品の産学連携から製品開発の難しさ」

【講 師】富沢 成美 先生

日機装株式会社 メディカル事業本部 営業統括部 営業推進グループ

【講師からのメッセージ】

開発の手前では、要素開発を行いそこで得たデータを基に開発に進むことが多い。本日は、PEPA 膜のサイトカイン吸着特性から持続緩徐式血液浄化器の開発を目指した要素開発の一例をご紹介したい。

 

詳細はこちら

2022年10月7日 | カテゴリー :